婚約した時にもらうロレックス

私は婚約した時に、ロレックスはもらったことがないのですが、結構私の世代だとバブルを経験している人も多いし、その時に結婚した奴もいるので、そういうカップルは、かなーり派手に結納を交わし、結婚式をあげた、という人が多いですよねー。

私も若かったですが、仕事も順調だったし、あの時は羽振りもよく、結婚祝いもかなーり弾んだ記憶がありますね。

それですぐ別れてしまって、ご祝儀返せ、と友人たちの間で冗談で言ってたこともあるのですが、そういうのももう笑い話となっています。

それで、友人の中には、婚約時に女性にはティファニーなどの有名ブランド店で買った大きいダイヤの指輪を上げてそのお返しにロレックスの腕時計をもらった、というラッキーな奴も結構いました。

大体、婚約指輪の返しに渡すのは、ロレックスのオイスターパーペチュアルというかなりベーシックで基本デザインの物が多かったかな。

でもオイスターパーペチュアルは、ロレックスの中でも基本中の基本だし、それゆえ普遍的ですよね。

私も大好きなロレックスの一つで持ってます。

元々、オイスターケースって、やはりロレックスだけでなく腕時計業界でかなーり大きなインパクトがあったはずです。オイスターケースは1926年に発明された世界初の腕時計用の防水ケースでしたからね。

シンプルだけどエレガントな時計ケースは防水性とデザイン性、機能性含め全てが調合された優れものです。

一つは絶対に持っていた時計ですよね。そういうものを婚約した時にもらえるなんて、いい思い出にもなるし、いいアイデアだなと、見せてもらった時には、なるほどな、と思いました。

しかし私が一番羨ましいと思った婚約指輪のお返しでもらっていたロレックスは、なんと言ってもロレックスショックレジスティングです。

それは、彼女のおじいさんが使っていた、というアンティークのヴィンテージ物で、超かっこよかったんですよ!

イメージとしてはこんな感じでした。

ヴィンテージ物が大好きな私は、飛び上がる感じですね。しかも家系的財産だったらやっぱりこれはすごい貴重品じゃないですか?

もらっていた友人もすっごい喜んで見せびらかしていました。

手巻きで金のフレームで、ベルトはクロコダイルでした。ショックレジスティングは元々男性用なのですが、とても薄くてエレガントです。上級って感じがして、私もいっ時探していましたが、結局このモデルは手に入れることができなかったロレックスの一つですね。

多分1945年頃のモデルではないでしょうか?

今思えば、友人に譲って貰えばよかった。w

というのも、人生とは上手く行かないもので、彼らも10年後には別れてしまったんですよね。なんとも残念ですが。

あの時の時計はどうしたのか、聞きませんでしたが、たまにロレックスの時計を見るたびに思い出します。

他にも婚約時にお返しでもらったロレックスは質屋に入れた、とか売ったとか、いろいろあるみたいですね。再婚したりした場合は、やっぱりそういうものは持っていても意味ないし、子供がいたら子供の成人式のお祝いであげた、というのも聞きますが。

私も考えてみると、おじさんからもらった時計とか、もしかしたら、そういう時計だったのかも?なんて思ったりして。

まあ色々とありますよね。

 

自宅に眠っているロレックスのいろいろ

私は昔から時計が大好きで、10代で親戚から譲り受けた時計をはじめ、成人してから何かと海外に旅行した時に買った外国の高級腕時計数々があります。

持っているものは、ブライトリング、タグホイヤー、オメガ、カルティエ、ブルガリなどなど。

集めているうちに結構な数になってしまいました。

貴重ですよね。

なんと言っても私が最初に身につけた時計は親戚のおじさんが亡くなった時に形見でもらったタグホイヤーでした。

これ、スティーブ・マックイーンが「永遠のル・マン」という映画の中でしていたタグホイヤーと同じものだったんですよ。

超かっこよくて、おじさんが亡くなってすっごく悲しかったんだけど、ものすごく嬉しかったのを覚えています。

その時計は防水性にも優れているので、シャワーとかはずし忘れて入ってしまってもオッケイなんですよ。

大切にしていたんですが、そのうちにロレックスなどをするようになったので、長い間その時計はしていません。

私が現在している時計は、アップルウォッチなんですけどね。

エェー。

と思うかもしれませんが、やはり時代と共にだんだん高級時計はしなくなりました。

なぜかと言うと、多分着る洋服が変わった、というのがあるかもしれませんね。

それって大きいです。

昔は仕事柄毎日スーツを来て出社していたし、時計は必需でしたよね。まだまだ携帯などもない時代でしたから。

その後、私も転職をしたりして、今は自分で起業をしています。

だからかな。

スーツを着る時もありますが、やっぱり普段はカジュアルなジーンズって感じになってきています。

それに携帯を持っているから、時計なんてなくても間に合いますよね。

信じられません。

あんなに時計が好きで海外へ行くと必ず時計を買っていたような人だったのに。

おかげで、当時集めたロレックス含め高級時計の数々もタンスの肥やしになっているんです。

これは非常にもったいないな、とオークションに出してどのぐらいで売れるか試してみたこともあります。

まあ、適当な感じで売れましたけどね。ちょっと安かったかなとは思うけど。

今ハマっているのが買い取りなんです。

終活というわけではないですが、身辺整理もつけて、思い出が詰まっているものは逆に処分してしまってもいいのではないかなと思ったりもして。

それに、お金が必要な時もあるじゃないですか?

ぶっちゃけ!

人生いろいろありますね、という感じのブログです。